トップページ > お腹に力を入れるのが怖い!妊娠時期の便秘

お腹に力を入れるのが怖い!妊娠時期の便秘

3人の子供を持つ主婦です。
妊娠時期には色々と悩まされましたが、一番悩まされたのは便秘です。
元々私は普段から便秘気味なので、本当に妊娠してからは辛かったです。
力を入れるとお腹が張ったりするので余計に便秘になりました。
妊娠していない時は、出ない日が続くと便秘薬を飲んでいたのですが、妊娠している時はそうもいかず・・・。
色々ネットなどで調べて試してみていました。
やはり生活習慣の見直しが大事でした。
よく考えてみると、水分を全然とっていなかったり、野菜が嫌いだからと食べていなかったり、妊娠しているからってあまり動かなかったり・・・。
思い返してみると便秘になる原因だらけでした。
そこで試してみたのが、
安産になってくれるのも兼ねて、散歩をする。
朝起きたら一番先にお水をコップに2杯飲む。
体重も増えすぎて怒られていたので、ご飯を食べる前にキャベツやレタスなどをお皿1皿分食べる。
色々と試した結果、便秘が多少改善されるようになって、その上体重をキープする事が出来たので一石二鳥でした。

 

妊婦さんのお通じは要注意

妊婦さんは常日頃からお通じには注意しておく必要があります。
と言うのも、便秘と妊娠による張りの感覚が良く似ているからです。
妊婦さんによってはなかなか区別が難しいという話も良く効きます。
そのため、便秘中に排便のため力んだ際に、赤ちゃんを生み落してしまったという話もあったようです。
またその他、実際によくある話では、分娩台で必死にいきんでいる時に、
本人の自覚なしに排便してしまうこともあるようです。
そのため、陣痛が来て分娩台に運ばれる前には、必ず下剤を飲んでお腹の中をスッキリさせるそうです。
ただでさえお腹に胎児を抱えているのに、お通じが悪いとお腹の張りが非常に辛くなります。
そんなこともあって、妊婦さんには特にお通じには注意してほしいと思います。