トップページ > タンポポ茶やタンポポコーヒーで便秘予防

タンポポ茶やタンポポコーヒーで便秘予防

元々、便秘をしやすい体質で妊娠前は市販の薬を飲むこともありました。
妊娠中は薬が飲めないので便秘をしないようにするために色々気をつけました。

 

中でも、タンポポ茶やタンポポコーヒーがとても効果がありました。
タンポポ茶は、便秘について相談した助産師さんに紹介されて購入するようになりました。
タンポポ茶にはゆるい下剤効果があるそうです。
1日2回は飲むように心がけました。
食後に飲むようにすると、自然とお通じがあることが多かったです。

 

時々3日ぐらいお通じがない時もありましたが、それでも妊娠中に便秘で悩まされることはありませんでした。
また、タンポポコーヒーもインターネットで購入しましたが、ノンカフェインなのにコーヒー本来の味がするので、毎日飲みました。
タンポポコーヒーは授乳中にも継続して飲むほど気に入っていました。

 

ルイボスティーでお通じ改善

妊娠して便秘が悪化しました。
あまり力んでいたら、キレてしまい出血するほどでした。そこで産婦人科で勧められたルイボスティーを飲み始めました。毎日常温かホットで1リットルを目安にして、1週間くらいしたころからききめがありました。妊娠してカフェインがとれなくなり、大好きな紅茶が飲めなかったのでちょうどよかったです。ご飯のときの麦茶のかわりに、3時のお茶のときはミルクを入れて紅茶気分で続けることができました。味やにおいが独特なので、まずは少量お試しすることをオススメします。
さらに出産後の母乳量アップにもルイボスティーは有効とのことでした。高い母乳用のハーブティーに手が出なかったので助かりました。毎日1〜2パックを煮出して使うので、コストコや卸のスーパーで百個入りで多量にお安く購入し続けています。